徳島少年少女合唱団のプロフィール

 1963 年、徳島市小学校音楽教育研究会により創立。全国的合唱団をめざし、東京イイノホールで旗揚げ公演。それ以来国内では3回の東京公演をはじめ北海道から沖縄まで全国81都市で公演。全国に先駆けて行った海外公演は創立以来35 回を数え世界16 ヶ国79 都市で公演、文化の国際交流活動の日本代表として認定される。87年ウィーン音楽大学の招きで行ったウィーン公演はウィーン市文化局の絶賛を博し、新聞クリアは「ウィーンで大成功を収めた日本徳島少年少女合唱団」と讃えた。更に発展を続け93 年、ドイツから招かれ20 年で11回のドイツ公演を果たす。2012 年、バチカン法王庁主催「東日本大震災復興祈願ミサ」に出演。14 年、ポルトガル公演。15 年ウィーン、バーデン、グンポルツキルヒェンで第3回オーストリア公演を行った。

 

ウイーン公演.JPG ウイーン公演2.JPG

 

ueta.jpg

音楽監督 指揮 上田収穂

徳島大学徳島師範学校卒業
武蔵野音楽大学別科修了
音 楽 教 育 学 博 士
[USA International Academy of Education University]より取得。


1963 年 徳 島 少 年 少 女 合 唱 団 創 立。
1965 年日韓国交正常化を機に単身訪韓、韓国政府に「少年少女による日韓歌声交流」を提言、韓国政府の協力を得 67 年、68 年第 1 回日韓交流公演成功、受賞記念の委嘱作品湯山 昭作曲「四国の子ども歌」の初演を軸に行った東京霞が関イイノホールでの東京旗揚げ公演は朝日新聞、各音楽専門誌の絶賛を博し、一躍全国的な合唱団として脚光を浴び、全国公演が始まる。79 年音楽の源流ヨーロッパを目指し、東ヨーロッパ各国のオーディションを経て日本初の東ヨーロッパ公演に成功、その成果が評価され 87 年ウィーン音楽大学の招きで行ったウィーン公演はウィーン市文化局、新聞クリアの称賛を博す。

93 年よりベルリン、ボン、ケルンなど38 都市で 11回のドイツ公演を行う。12 年、イタリア・ローマ公演、ヴァチカン・サン・ピエトロ大聖堂で「東日本大震災復興祈願ミサ」に特別出演。
第 18 回読売芸術教育賞
第 19 回久留島武彦文化賞
第 1回千嘉代子賞(財団法人・ソロプチミスト日本財団)
社会文化功労賞
国際文化栄誉賞(伏見博明総裁・日本文化振興会)
中国青島市栄誉賞・青島東方学園客演教授
21世紀中日友好栄誉賞(広東省対外人民友好協定)
第 24 回徳島新聞文化賞
よんでん芸術文化賞
ドイツOIK 音楽賞
石井町文化功労賞
第 2 回とくしま芸術文化賞など受賞。
日本合唱指揮者協会会員
徳島県音楽協会副会長